piyolog

piyokangoの備忘録です。セキュリティの出来事を中心にまとめています。このサイトはGoogle Analyticsを利用しています。

データ復元と行動履歴分析が行われた公職選挙法違反事件についてまとめてみた

2019年参議院選挙をめぐり、前法相衆院議員、その妻の参院議員の二人が公職選挙法違反(買収)の容疑で逮捕されました。検察当局はこの事案の捜査を進めるにあたり、デジタルフォレンジックを活用したと報じられています。ここでは検察当局がどのように捜査を進めたのかまとめます。

復元したデータと行動履歴の分析

報道によれば逮捕に至るまでにすすめられた捜査は次の通り。

f:id:piyokango:20200626053558p:plain
捜査の流れ

  1. 両議員に関係するPCを押収しデータ復元(2020年1月15日、違法報酬事案)
  2. 両議員のスマートフォンを押収し行動履歴を分析(2020年3月上旬)
  3. 関係するとみられる地元議員らのスマートフォンを任意提出要求しリスト等と突合(2020年3月下旬)
解析された対象物
解析対象 判明した事実
議員会館事務所、地元事務所、自宅で使用されたPC ・押収したPCは複数のデータが削除されていたが検察が復元。現金提供の詳細(名前、金額)リストが含まれていた。
両議員や地元議員らのスマートフォン ・LINEのチャット履歴等を分析。詳細な指示を担当者に送信するも送信されたメッセージの一部が消去されていた。週刊誌報道以降LINEを通じたやり取りもなくなった模様。
・位置情報(GPS)を解析し、行動履歴を解析。地元議員らの任意聴取で解析した情報との突合を行った。
衆院議員の車のカーナビ 設定した履歴を元に行動履歴を分析。
データは専門業者が削除していた?
  • 当初の捜査は昨年10月に週刊誌が報じた違法報酬事案で終わる見込みだったとされる。*1 違法報酬事案の捜査で入手したリストが潮目になったと報じる記事が複数ある。
  • 2019年12月頃に事務所PCのデータを専門業者を通じ削除していた疑いも持たれている。*2 検察は衆院議員が削除した可能性もあるとみている。*3

更新履歴

  • 2020年6月26日 AM 新規作成

*1:局面変えた「買収リスト」聴取された県議は「決めつけ」 ,朝日新聞,2020年6月20日朝刊33面

*2:河井前法相、現金配布リスト削除依頼 家宅捜索前、専門業者に,産経新聞,2020年6月20日

*3:河井前法相 証拠隠しか PC内データ削除の疑い,朝日新聞,2020年6月20日朝刊1面