piyolog

piyokangoの備忘録です。セキュリティの出来事を中心にまとめています。このサイトはGoogle Analyticsを利用しています。

私物HDDを使用して営業秘密を不正に持ち出ししていた事案についてまとめてみた

2023年12月5日、警視庁公安部はアルプスアルパインの営業秘密情報を不正に持ち出したとして男を不正競争防止法違反の容疑で逮捕しました。ここでは関連する情報をまとめます。

情報持ち出し直後に転職

  • 不正競争防止法違反(営業秘密領得)の容疑として逮捕されたのはアルプスアルパインの元従業員の男。同社の自動車部品の開発部門がある宮城県の研究開発拠点で2021年11月9日にアルプスアルパイン貸与のPCから社内サーバーに接続し、車載電装部品(自動車の運転制御システム)の設計関連のデータをPC上に保存し、11月11日に私物のハードディスクに複製した疑いがもたれている。*1 *2 容疑に関して警視庁公安部は捜査に支障がおよぶとして男の認否を明らかにしていない。*3 *4
  • 男は持ち出し行為の直後にアルプスアルパインを退職。ホンダに転職をしていた。*5 男の退職後に社内システムのデータの不審な動きをアルプスアルパインが検知しており、社内調査より男のデータ持ち出しの可能性が判明。*6 この結果を受けて、アルプスアルパインは警視庁に被害相談を行っており、その後の公安部の捜査により営業秘密情報の不正な持ち出しが判明した。不正に持ち出した情報を転職先で利用しようとしていたとみられている。*7
  • データが持ち出されたサーバーは、社内でも男を含む一部の社員にしか与えられていなかったことから警視庁は持ち出された情報が営業秘密に当たると判断。さらに男が複数の技術情報の持ち出しを行っていた疑いもあるとしている。国外への情報の流出があったかどうかについては捜査が進められている。*8
  • アルプスアルパインはアクセス制限の他、私物のHDDなどを社有PCへ接続することを禁止している。また退職時に社員に対して業務上知りえた情報を外部に持ち出さないことを約束させる秘密保持契約も結んでいる。*9
  • 男は中国籍であったことから、中国外務省報道官は同時案を問われたところ知らないと回答する一方で、「中国国民の合法的権益保護を希望する」とのコメントをしている。*10

関連タイムライン

日時 出来事
2017年4月 男がアルプスアルパインに入社。宮城県内の事業所で勤務を開始。
2021年11月9日、11日 男がアルプスアルパインの社内サーバーからデータを持ち出し、自身のHDDにコピー。
2021年11月 男がアルプスアルパインを退職。ホンダへ転職。
2022年3月 アルプスアルパインが警視庁へ被害相談し男を刑事告訴。
同月 警視庁が男の自宅を家宅捜索。
2023年12月5日 警視庁が男を不正競争防止法違反の容疑で逮捕。

関連公表

更新履歴

  • 2023年12月6日 AM 新規作成
  • 2023年12月6日 AM 続報反映